スリーピーススーツの着こなしはロジックで考えなくてはならない

スリーピーススーツはもっともクラシカルな略礼服である。そして、本来「礼装」は合理的なものであり、市場から考えることには問題がある。また、スリーピーススーツを着こなすには、問題を分けて考えるべきだ。したがって、スリーピーススーツの着こなしはロジックで考えるべきだといえる。

スリーピーススーツはもっともクラシカルな略礼服だ

スーツの歴史は服装の簡略化にある。現代のスーツも、礼装を簡略化した略礼装が起源であり、当時はスリーピース構成であった。そして、略礼装をさらに簡略化した服装が、現代で主流のツーピース構成である。つまり、スリーピーススーツはもっともクラシカルな略礼服であるといえる。

スーツの変遷

現代的な服装とくらべると、スリーピーススーツはかたくるしくみえるかもしれない。しかし、スーツの変遷は服装の簡略化という言葉に集約されている。

19世紀は、現代のスーツにもっとも大きな影響をあたえた時代である。まず、夜間の正礼装であった「ホワイト・タイ」のジャケットを簡略化するために、「ラウンジジャケット」が登場した。

ホワイト・タイは、「ジャケット」「ウェストコート」「スラックス」で構成される。このジャケットは、後部の裾が燕の尾のように伸びた「燕尾服」である。いっぽうで、ラウンジジャケットは、現代スーツのジャケットのようなかたちをしている。

つまり、ホワイト・タイのジャケットを、あつかいにくい燕尾服からラウンジジャケットに代えることによって、着用者をくつろぎやすくさせることが、ラウンジジャケットの目的であった。

実際に、ラウンジジャケットはその着心地のよさから、19世紀のなかごろにかけて普及した。そして、19世紀後半になると、着心地のよいラウンジジャケットを主体とした服装、つまり、ラウンジジャケットと共地でつくられる服装が登場した。それが「ラウンジスーツ」である。

ラウンジスーツは、「モーニング」や「ホワイト・タイ」といった正礼装と同じく、「ジャケット」「ウェストコート」「スラックス」のスリーピースで構成されるが、燕尾服よりもゆったりとしたジャケットや、共地でつくることによる簡略化がみられる。

ラウンジスーツ

ラウンジスーツは、現代スーツの起源でありスリーピース構成だ。ゆえに、現代のスリーピーススーツの着こなしは、「略礼装(平服)」のなかでは、もっともラウンジスーツとちかい服装である。

20世紀になると、ラウンジスーツは略礼装として広く普及した。あくまで、正礼装は「モーニング」と「ホワイト・タイ」であったが、さまざまな場面のドレスコードが略礼装を許すようになった。

そして、20世紀前半には、ラウンジスーツがアメリカのビジネスシーンでも着用されるようになる。このことが、ビジネスの服装=スーツという決まりごとをつくる起爆剤となった。

スーツは、ラウンジスーツから現代スーツへと変化していくなかで、さまざまなトレンドを反映させた。しかしながら、大まかな「かたち」としては、「共地」でつくられた「スリーピース(三つ揃え)」が起源になっている。

f:id:findep:20210227152557j:plain

現代の主流

しかしながら、現代のスーツといえば、世界的にみても「ジャケット」と「スラックス」のみのツーピースが主流である。

スリーピースからツーピースへの変化は、さまざまなトレンドを反映させてきたスーツの歴史のなかでも、もっとも大きな変化のひとつだ。

もともと、礼装における「ジャケット」「ウェストコート」「スラックス」というスリーピース構成は、17世紀にはじまったといわれている。つまり、3世紀にもわたって、スリーピース構成を見なおすことはなかった。

しかし、20世紀のなかごろにかけて、アメリカを中心にスーツの需要が大きく伸びたことや、技術の進歩による大量消費社会への突入によって、3世紀の歴史をくつがえす変化が起きたのだ。

「燕尾服」やそれ以前の「フロックコート」は、屋外で着用することを前提につくられたジャケットだ。つまり、屋内で着用するものとしてウェストコートは必要であった。

いっぽうで、ラウンジジャケットを起源とする現代スーツのジャケットは、屋内での着用を前提としてつくられたため、ジャケットとウェストコートの使い分けができなくなったのである。

礼装は合理的であり市場から考えるのはおかしい

「礼装」は合理的なものであることから、スーツをロジックで考えることは可能だ。また、マーケットから考えられたスーツ消費の現状では、供給側の思惑におどらされ、不必要な消費が発生している。さらに、「センス」とはロジックとマーケットからつくられるものである。つまり、礼装は合理的なもので市場から考えるには問題があるということだ。

礼装の特徴

そもそも、正礼装やそれ以前から貴族階級に着用されてきた服装の歴史をみると、(略礼装を含めた)礼装は合理的なものだ。つまり、「理にかなう」「ロジカル」ということだ。

17世紀にはじまったスリーピース構成は、服装を統一することによるコストの削減にほかならない。結果として、それまで人によってバラバラだった服装は、正礼装として「モーニング」や「ホワイト・タイ」のような「かたち」になった。

さらに、「ラウンジスーツ」の登場から「現代スーツ」への変化も、共地でつくることによるコストの削減であったり、ウェストコートの省略による重複した役割の見直しといった合理的な変化である。

また、スーツのディテールをみても、スラックスのプリーツ(タック)のように、ゆとりをもたせることで動きやすくするといった、機能的な役割を担っているものがほとんどだ。

スーツ消費の現状

それにもかかわらず、現代のスーツ消費は、タイトブームやクラシック回帰といった、マーケットの動向に左右されがちである。これでは、供給側の「思う壺」である。

とくに、日本ではスーツをはじめて購入する就活生が、企業の一括採用という軍隊式の考え方から、右に倣えでまわりと同じもの、売られているものを買うということが一般的だ。

これでは、スーツの「正しい知識」が身につかないだけでなく、そのときのトレンドに左右されることにもなる。結果として、時間が経つと、古くさく着心地のよくないものが蔓延する。

マーケットを理解することに問題はない。需要が増えれば、その分だけスーツの価格も下がり、消費側にもメリットがある。

しかし、スーツ選びの起点は「ロジック」であり、自分なりに納得できる結論をもっていなければ、生涯にわたって周囲の影響を受けつづけることになる。

センスの正体

また、服装になると、「センス」という言葉がよく聞かれるが、センスはロジックとマーケットからつくられるものだ。

つまり、センスとはTPOにトレンドを付加したものであり、これはまさにロジックとマーケットの両側から考えられた結果である。

しかし、TPOとトレンドのどちらが優先して考えられるべきかといえば、当然のようにTPOである。つまり、服装においてロジックはマーケットに優先されるべきだ。

また、0から1がつくられることもあるが、これはクリエイターの仕事である。社会はごく少数のクリエイターによって変化してきたが、0から1の変化が理解されるには時間がかかる。

スリーピーススーツの着こなしは問題を分けて考えるべき

スーツを仕立てるときは、略礼装を含めた「礼装」全体から考える。つぎに、スーツのスタイルを決めるときは、国ごとのルーツを整理する必要がある。また、ディテールを決めるのは、マーケットではなくロジックである。このように、スリーピーススーツを着こなすにはいくつかの問題を分けて考える必要がある

位置づけの考え方

それでは、実際にスリーピーススーツの着こなしを考えるときはどうすればいいのか?というと、まずはスーツを含めた礼装という「ひとつ上の階層」から考えるメタ思考が必要だ。

つまり、現代のフォーマルシーンでスーツのような略礼装が許されているとはいえ、正礼装や準礼装といった「礼装」のなかの位置づけから考えるべきだ。

礼装というものを理解していないと、スリーピーススーツは格式が高いといった、間違った認識が広まってしまう。

スリーピースとツーピースの違いは簡略化しているか、していないかであり、そこに格式の違いはない。あえて違いをいえば、「クラシック」と「モダン」である。

そして、クラシックとモダンの違いこそマーケットのトレンドであり、トレンドに左右されたくなければクラシックを選択することが無難だ。

なぜなら、クラシックは一度完成していることと、スーツは簡略化されていく傾向にあることから、クラシックをモダンにすることよりも、モダンをクラシックにすることのほうが難しいからだ。

スタイルの決め方

つぎに、スーツ全体のスタイルを決めるときは、国ごとのルーツを整理することが、正しく分けるためには必要である。

紳士服を嗜む 身体と心に合う一着を選ぶ

紳士服を嗜む 身体と心に合う一着を選ぶ

  • 作者:飯野高広
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本

日本人にとってのスーツは「舶来品」であり、日本の文化にルーツはない。ラウンジスーツは、イギリスでうまれ、アメリカから世界へ普及した。

つまり、スリーピーススーツのルーツには、大きく分けて「イギリス」と「アメリカ」のふたつがある。

「イタリア」も含めて3大スタイルといわれることも多いが、イタリアにスリーピーススーツのルーツはないだろう。仕立てることはできても、ウェストコートのあり、なしで全体のバランスが大きく変わることは考慮されるべきだ。

ディテールの決め方

そして、トレンドばかり追っている人のように、ディテールをマーケットから考えてはならない。ディテールはマーケットではなくロジックで考えるべきだ。

たとえば、スリーピーススーツをアメリカンスタイルで仕立てるからといって、スラックスをノンタックにするのは思考停止だ。

タック(プリーツ)には機能的な役割があることから、その有無には体型や行動が考慮されるべきだ。

また、オーダースーツでありながらも、尾錠のついたウェストコートにはちぐはぐな印象を受ける。ウェストコートの尾錠は、「つるし」のスーツが大量に生産された名残であるからだ。

しかし、背部のアクセントとして尾錠をつけるという「考え」があるのであれば問題ない。結局のところ、納得できるストーリーに意味があるということだ。